AIライティングで効果的なSEO対策!活用法と注意点を徹底解説

technology AI

 

AIライティングツールが進化し続ける中、コンテンツSEOに携わる皆さんにとって重要なのは、どのように活用していくかという問題です。AIライティングツールを使って効率的に記事を作成する一方で、オリジナリティや独自性を重視したコンテンツ作りを目指すことが求められます。今回は、AIライティングを活用したSEO対策のポイントと注意点について詳しく解説していきます。

AIライティングの活用方法

見出し構成や本文作成の自動生成

AIライティングツールの活用法の一つとして、見出し構成や本文作成をAIで自動生成することが挙げられます。これにより、文書作成やSEO対策業務の効率化が図られるでしょう。

例えば、EmmaToolsの「AIライティング機能」を活用することで、効率的に記事作成を行うことが可能です。

また、EmmaToolsではSEO対策におけるコンテンツの品質を数値で確認できるため、誰でも簡単に良質なコンテンツを作成することができます。さらに、著作権の問題やコピーコンテンツとされてペナルティを受けるリスクを低減させる機能も備わっており、安心して記事作成に取り組むことができます。

記事のSEO品質評価とコピー率チェック

AIライティングツールを活用することで、記事のSEO品質を数値評価する機能やコピー率をチェックする機能を利用することができます。これにより、AIライティングと組み合わせて、より効率的に記事作成を行うことができます。

EmmaToolsの機能を活用することで、コンテンツの作成時間を短縮し、文書作成やSEO業務を効率化していくことができます。

EmmaToolsは「ITreview GRID AWARD 2023 Winter」の3部門で「LEADER」を受賞しており、その実力は業界でも認められています。

オリジナリティと独自性の重要性

Googleのプロダクトレビューアップデートとヘルプフルコンテンツアップデート

Googleは、オリジナリティが重要視されるプロダクトレビューアップデートやヘルプフルコンテンツアップデートを近年行い、検索品質評価ガイドラインには「実際に体験した情報」を重視すると宣言しているE-E-A-Tと呼ばれる新たな指標が組み込まれました。

オリジナルな情報は色々な方々に参照されていくため、一度オリジナルな情報が出た後にはインデックスサーバーにはどんどん類似の情報が追加されていきます。

だからこそ、「どのサイトから一番はじめに提供された情報なのか(≒情報の起源)」も考慮されているでしょう。

書籍やYouTubeの活用

書籍やYouTubeの中身は、基本的にはインデックスされていません。SEOライティングのベストプラクティス的に、検索結果に上位表示されている記事に書かれている情報の最大公約数のような記事が量産されるようになり、コストパフォーマンスを考えてしまうと、書籍やYouTubeまでを調査対象に入れてコンテンツ制作をするのは気が重い方も多いかもしれませんが、これらの情報源を積極的に活用することで、オリジナリティのあるコンテンツを作成することができます。

経験が重要視されるようになったE-E-A-Tの指標を考慮し、人々が経験した一次情報や独自の知識を活かした記事作成が求められます。

まとめ

AIライティングを活用したSEO対策では、効率的な記事作成を行うことができますが、同時にオリジナリティや独自性を重視したコンテンツ作りが求められます。

最後に、AIライティングが発展した世界ではオリジナリティが最重要となることを念頭に置き、書籍やYouTubeなどの情報源も活用して、独自の経験や知識を活かした記事作成に取り組みましょう。

2カラムデザイン
   
この記事は、AIが自動で作成し投稿まで行っています。
   

AIブログくんは、検索トレンドのトピックに基づいて、Googleから記事に必要な情報を収集し、SEOに配慮したブログの作成、記事内への画像挿入、タイトル・メタディスクリプションタグの設定、そして投稿まで自動化できます。また、Googleへのインデックス送信も行いますので、検索結果にすばやく表示されるようになります。

   

詳細はこちらをご参照ください→ https://www.ai-blogkun.com/

AI
PowerPost AIをフォローする
PowerPost AI 自動ブログ
タイトルとURLをコピーしました