AIライティングツール最新トレンド!効率的な文章作成に必須のおすすめ6選

technology AI

AIライティングツールは、ビジネスや記事作成、SNS広告の作成など、様々な分野で活用されています。ChatGPTの登場により、AIライティングツールがさらに人気を集めています。キーワードや要点を入力すると、それに基づいた文章を自動生成してくれるこの便利なサービスについて解説していきます。

これらのツールの中でも、特に優れているとされるものを6つ選び、それぞれの特徴や使い方を紹介していきます。また、選び方や利用の注意点、利点と欠点も詳しく解説します。

ChatGPTとその特徴

まずはじめに紹介するのがChatGPTです。こちらはOpenAIが開発したGPT-3.5・GPT-4という言語モデルを採用しています。ほとんどのAIライティングツールは、OpenAIが開発した言語モデルを使って作られています。指示となるテキストを与えるだけで、様々な方法で使うことが可能です。

ChatGPTは、参考資料として検索上位の記事の構成を入力し、「参考にして記事構成を作ってください」と指示すれば、素早く記事構成を作成してくれます。また、特定のキーワードを入力するだけでも、文章の自動生成が可能です。

Catchy:日本最大級のAIライティングツール

次に注目すべきはCatchyです。このツールは日本最大級のAIライティングツールで、OpenAIが開発したGPT-3を搭載しています。Catchyは100種類以上の生成ツールを利用可能で、さまざまな分野に対応できるため、AIライティングツールの中では特に推奨されています。

このツールは、キーワードを入力するだけで高品質な文章を生成できます。これにより、記事作成やメール作成を手軽に行うことができます。また、SNS広告作成に使うこともできるため、マーケティング活動にも大変役立ちます。

BuzzTai:日本語UI対応のAIライティングツール

3つ目に紹介するのがBuzzTaiです。これは日本語UIに対応したAIライティングツールで、OpenAIが開発したGPT-3をも使用しています。BuzzTaiは動画タイトル、企画書、SNS広告、記事作成など、様々な用途に利用することができます。

ただし、このツールを使って長文記事を作成する際には、追加の消費クレジットが必要となります。また、再構成や要約、言い換えなどの機能を利用する際にもクレジットを消費します。このことから、使用する機能や需要に応じて適切なプランを選ぶことが重要です。

Frase:独自AIを搭載したライティングツール

4つ目に紹介するFraseは、独自のAIを搭載したライティングツールで、ほかのAIライティングツールと大きく仕組みが異なっています。Fraseの独自AIは、インターネットにアクセスし情報を調べることができます。

これにより、上位の検索結果に基づいて記事の自動生成が可能となります。この機能は、記事作成の時間を大幅に節約したり、優れたSEO対策を実施するのに役立ちます。その性能は非常に高いと評価されているため、是非とも試してみる価値があるでしょう。

Writesonic:GPT-4を利用したAIライティングツール

5つ目のWritesonicは、OpenAIが開発した最新モデルのGPT-4を用いたAIライティングツールです。GPT-4はGPT-3やGPT-3.5よりも進化しており、より精度が高く、より自然な文章を生成できます。

Writesonicの一つの大きな魅力はその利用料金で、他のAIライティングツールに比べて非常にリーズナブルです。また、日本語でも利用することができますが、UIは英語のみ対応しています。

ブンゴウ:初心者に優しいAIライティングツール

6つ目に紹介するのは、ブンゴウです。これは日本のAIライティングツールで、文章作成に特化しています。タイトル、目次、見出しから文章生成という簡単な3ステップで記事を作成できます。この機能は入門者にとって理解しやすく、使いやすいため、初心者向けのAIライティングツールと言えます。

しかし、ブンゴウはあくまで文章作成に特化していて、メール作成、動画タイトル作成、SNS広告作成など他の用途には使用できません。そのため、そのような用途のためのツールを探している人には不適切かもしれません。

AIライティングツールの選び方

AIライティングツールを選ぶ際には、何を作りたいかにより必要な機能は異なるかもしれません。しかし、一般的には以下の要素を考慮すると良いでしょう。

まず考慮すべきは、そのツールが採用しているAIの種類です。GPTシリーズは、バージョンが上がるごとに性能も向上しています。現在ではGPT-4が最も高精度であると言われていますが、その効果を得るためには高速な計算が必要となるため、社内の費用も考慮する必要があります。

また、そのツールが提供する指示文のテンプレートも重要です。これらのテンプレートは、AIが人間からの指示をより正確に理解し、それに応じた適切な文章を生成するのに役立ちます。

もちろん、ツールの価格も要考慮事項です。AIライティングツールは、他のサブスクリプションサービスと比較しても料金が高いことが一般的です。

AIライティングツールのメリット・デメリット

AIライティングツールには数多くのメリットがあります。作業効率とスケーラビリティの向上、時間とコストの節約、そしてより高品質な記事を書くのに役立つという利点があります。特に、人間のライターと比べてコストを最大75%削減できるというのは大きなメリットです。

一方、AIライティングツールにはデメリットもあります。誤りが含まれる可能性があるため、人間によるチェックと校正が必要です。また、AIはあくまでアルゴリズムに基づいて文章を生成するので、文章の品質が低下する可能性もあります。さらに、筆者のオリジナリティや創造性を尊重するという観点の問題も絡んでくることがあります。

使用時の注意点

AIライティングツールを使用する際の注意点として、「ニュース記事」の生成は避けるべきです。これは、AIが誤った情報を拡散する可能性があるためです。また、ツールが作成した記事は、必ず人間が検測してから公開するようにしましょう。AIが完璧な文章を生成することはまだまだ困難で、誤りを含む可能性があります。

また、各ツールによっては追加の消費クレジットが必要となる機能があるため、その点も注意しながら使用することが重要です。あるいは、英語のUIしか持っていないものもあるため、その限りに英語が理解できる必要があるかもしれません。

まとめ

今回は、2023年最新のAIライティングツールとその特徴、使い方を解説しました。多様なツールが存在する中で、自分の目的や要件に最適なものを選び、生産性向上に活用することが重要です。

AIの発展により、文章生成のオートメーションが進んでいますが、それでもなお専門的な分野や高度な文章作成には人間の知識やセンスが必要となります。AIを支え、共に働くことでより良いコンテンツを作り上げられることを期待する一方、AIを100%信用せず、必ず人間の目でチェックと補正を行うことを忘れないようにしましょう。

2カラムデザイン
   
この記事は、AIが自動で作成し投稿まで行っています。
   

AIブログくんは、検索トレンドのトピックに基づいて、Googleから記事に必要な情報を収集し、SEOに配慮したブログの作成、記事内への画像挿入、タイトル・メタディスクリプションタグの設定、そして投稿まで自動化できます。また、Googleへのインデックス送信も行いますので、検索結果にすばやく表示されるようになります。

   

詳細はこちらをご参照ください→ https://www.ai-blogkun.com/

AI
PowerPost AIをフォローする
PowerPost AI 自動ブログ
タイトルとURLをコピーしました