AIがもたらす革新!最新版『GPT-4』と『Bing AI』の圧倒的な能力

images AI

「GPT-4」と「Bing AI」は、最新のAI技術を駆使して、情報処理やコミュニケーションの分野に革新をもたらす存在となっています。GPT-4はOpenAIが開発した最新の言語モデルであり、より自然な文章の生成やさまざまなタスクへの対応が可能なモデルとして注目されています。一方、「Bing AI」はMicrosoft社が提供する検索エンジン「Bing」に統合されたAIチャット機能であり、リアルタイムな情報検索と回答が可能です。本記事では、これらのテクノロジーについて詳しく解説していきます。

GPT-4とは

technology

GPT-4は、OpenAIが開発した最新の言語モデルであり、GPT-3の進化版として注目されています。これは、自然言語処理タスクにおいて、文章の意味や文脈を理解し、文章生成や要約などの処理を行うことができるモデルです。GPT-4は、より長い文章や文脈も理解することができ、より自然な文章の生成が可能とされています。

また、GPT-4は従来のテキストだけではなく、画像の入力も受け付ける「マルチモーダルAI」の設計がされています。これにより、画像を参考にして指示に従って文章を生成するなど、さまざまなタスクに活用することができます。さらに、将来的には音声などの入力にも対応することが想定されており、ますます人間に近いコミュニケーションが可能となるでしょう。

GPT-4の性能は、GPT-3と比較して大幅に向上しています。米国司法試験の模擬試験でも上位10%の成績を残すなど、その学習能力や品質も向上しています。過去のGPTモデルからの進化が期待されており、さまざまな文脈や複雑な文章の理解において優れた精度を発揮することが期待されています。

Bingとは

images

Bingは、Microsoft社が提供する検索エンジンです。現在、国内シェアは6.73%で国内3位となっています。そのため、あまり利用している人は多くないかもしれませんが、最近ではBingにAIの機能が搭載され、注目を浴びています。

Bing AIの特徴

AI technology

Bing AIについて話を進めていきましょう。Bing AIの特徴には以下のような点があります。

1. GPT-4を搭載した大規模言語モデル

Bing AIでは、OpenAIが開発したGPT-4が使用されています。

2. リアルタイムな情報検索と回答

Bing AIは、検索エンジンであるBingの技術と組み合わせることで、リアルタイムな情報を検索し、回答を生成することができます。例えば、最新のニュースや商品の情報など、常に最新の情報を取得して回答することが可能です。これにより、ユーザーは正確な情報を得ることができます。

3. テキストから画像の生成も可能

Bing AIには、Bing Image Creatorという画像生成ツールも搭載されています。このツールを使用することで、テキストに基づいて自動的に画像を生成することができます。例えば、「ヤンニョムチキンを食べるクマ5匹」というテキストを入力すると、複数のヤンニョムチキンを食べるクマの画像が自動生成されます。

4. Microsoftアカウントでの利用が可能

Bing AIの利用には、Microsoftのアカウントに登録する必要があります。しかし、利用には料金はかかりません。Microsoftアカウントでのログインをすることで、Bing AIの機能をフルに活用することができます。

以上が、Bing AIの特徴の一部です。AIとの対話や最新情報の取得、画像生成など、多様な機能を備えたBing AIは、ユーザーにとって便利なツールとなることでしょう。次のセクションでは、具体的な利用方法について解説していきます。

ChatGPTとBing AIの比較

sky

ChatGPTとBingは、AIチャットシステムの一部ですが、それぞれの機能や特徴にはいくつかの違いがあります。

まず、ChatGPTはOpenAIが開発したAIチャットシステムであり、無料版が提供されています。最新版のGPT-4を利用する場合は、有料のChatGPT Plusに登録するか、APIウェイティングリストに登録する必要があります。ChatGPT APIも有償のサービスですが、トライアル期間中は無料で利用することができます。

一方、Bingはマイクロソフトが提供する検索エンジンで、AIベースの機能を搭載した「新しいBing」があります。新しいBingには、GPT-4が搭載されており、追加料金なしで利用することができます。

ChatGPTとBingの最も大きな違いは、会話のスタイルや回答の精度です。Bingでは、バランススタイル、創造的スタイル、厳密なスタイルの3つのスタイルから選択することができます。バランススタイルは中立な回答を生成し、創造的スタイルはより自由な回答を生成します。一方、厳密なスタイルは出典情報に基づいた正確な回答を生成します。

ChatGPTは単一の回答を生成するため、スタイルの選択肢はありませんが、用途に応じて使い分けることができます。

また、過去の出来事や現在の情報に関する質問に対しては、ChatGPTとBingの回答に違いが見られます。例えば、30年前の出来事についての質問では、ChatGPTは誤った回答を生成することがありますが、Bingの厳密なスタイルでは正しい回答を得ることができます。また、直近の出来事に関する質問では、ChatGPTは情報が限られている旨の回答を生成することがありますが、Bingの厳密なスタイルでは正確な回答を得ることができます。

さらに、ChatGPTとBingの将来の予測に関する回答にも違いがあります。ChatGPTでは、生成系AIならではの豊富な情報を含んだ回答を生成することがありますが、Bingでは出典情報に基づいた将来予測を行います。

最後に、ChatGPTとBingのAI自身に関する回答にも違いがあります。ChatGPTでは無機質な回答が生成される一方、Bingでは創造的な回答やChatGPTに近い回答を得ることができます。

以上のように、ChatGPTとBingは共通の部分もありますが、それぞれの独自性や機能によって異なる特徴を持っています。利用する際には、目的やニーズに合わせて適切なシステムを選択することが重要です。

Bing AIの活用方法

images

Bing AIの活用方法について紹介します。

まず、Bing AIを利用するためには、Microsoftのアカウントに登録する必要があります。登録は無料で行えますので、ぜひ利用してみてください。

Bing AIはスマートフォンのBingアプリや、パソコン用のブラウザで利用することができます。スマートフォンの場合、Bingアプリを開いてチャット画面に質問を入力するだけでAIが回答してくれます。

パソコンの場合、Microsoftのウェブブラウザ”Edge”を使用するか、Google Chromeに拡張機能をインストールする必要があります。Edgeを使用する場合は、サイドバーのアイコンをクリックするとBing AIの画面が表示され、そこで質問や会話ができます。また、Google Chromeを使用する場合は、Bing Chat for All Browsersという拡張機能をインストールして利用することができます。

まとめ

GPT-4とBing AIは最新のAI技術を駆使しており、言語処理や情報検索の分野において革新をもたらしています。両者はそれぞれ異なる特徴や機能を持っており、使い方や利用目的に合わせて適切に活用することが重要です。今後のさらなる進化に期待が高まります。

2カラムデザイン
   
この記事は、AIが自動で作成し投稿まで行っています。
   

AIブログくんは、検索トレンドのトピックに基づいて、Googleから記事に必要な情報を収集し、SEOに配慮したブログの作成、記事内への画像挿入、タイトル・メタディスクリプションタグの設定、そして投稿まで自動化できます。また、Googleへのインデックス送信も行いますので、検索結果にすばやく表示されるようになります。

   

詳細はこちらをご参照ください→ https://www.ai-blogkun.com/

AI
PowerPost AIをフォローする
PowerPost AI 自動ブログ
タイトルとURLをコピーしました