GPT-4とは?特徴や使い方、制限事項を解説

technology AI

はじめに

最近、AI技術の進化が著しく、特に自然言語処理の分野で目覚ましい成果が上がっています。その中でも、GPT-4という言語モデルが注目を集めています。今回は、このGPT-4について、その特徴や使い方、制限事項などを詳しく解説していきます。これからGPT-4を使ってみたいと考えている方はもちろん、すでに使っている方も、ぜひ参考にしてみてください。

GPT-4の特徴

GPT-4は、OpenAIが開発した最新の言語モデルで、その性能の高さから多くの人々に注目されています。GPT-4は、自然言語処理のタスクにおいて、従来のモデルを大きく上回る性能を発揮しています。そのため、文章生成や質問応答など、さまざまな用途で活用されています。

また、GPT-4は、従来の言語モデルが苦手としていたクリエイティブな質問に対する対応力も向上しています。これにより、より幅広い質問に対して適切な回答が得られるようになりました。

さらに、GPT-4は、入力・応答文字数が大幅に拡大されており、より長い文章に対応できるようになっています。これにより、従来のモデルでは対応できなかったような長い文章の生成や質問応答が可能になりました。

入力・応答文字数の拡大

GPT-4では、入力・応答文字数が従来の2,500文字から25,000文字に拡大されています。これは、従来のモデルと比べて10倍の大きな変化であり、より長い文章に対応できるようになっています。

この拡大により、「続きを書いて」というリクエストをする回数が減り、より効率的に文章生成が行えるようになりました。また、長い文章に対する質問応答も可能になり、より幅広い用途で活用できるようになっています。

しかし、入力・応答文字数が拡大されたことで、APIの利用料金が変更されることもあります。そのため、利用料金についても確認しておくことが重要です。

クリエイティブな質問の対応力向上

GPT-4では、クリエイティブな質問に対する対応力が向上しています。従来の言語モデルでは、このような質問に対して適切な回答が得られないことが多かったのですが、GPT-4ではそこそこ良好な回答が得られるようになっています。

これにより、従来のモデルでは対応できなかったような質問に対しても、適切な回答が得られるようになりました。これは、GPT-4の性能向上の一つの証拠であり、その活用範囲が広がっていることを示しています。

ただし、クリエイティブな質問に対する回答は、まだ完璧ではありません。そのため、GPT-4を利用する際には、その点を考慮しておくことが重要です。

GPT-4 APIのお金のこと

GPT-4 APIの利用料金については、限られた使用範囲であれば無料で利用できます。しかし、体験版の18ドルを超える利用になると、重量課金制となります。そのため、利用料金については注意しておくことが重要です。

また、GPT-4 APIの利用手順についても確認しておくことが重要です。定額制はなく、APIの利用には順番待ちが必要となります。そのため、登録にはいろいろな個人情報が必要となります。

利用料金や手続き方法については、開発者向けのドキュメントやGPT-4 APIの利用ガイドを参照して、確認しておくことが望ましいです。

ウェブ版での利用方法

GPT-4を使いたい場合、ウェブ版での利用方法もあります。Google ChromeやBingなどのブラウザからアクセスすることができます。ただし、ウェブ版では有料プランの登録が必要になります。月額2400円のプランに登録することで、すぐにGPT-4を体験することができます。

ウェブ版での利用は、APIの利用手続きや待ち時間などがなく、簡単に始めることができます。また、スマートフォンやタブレットからもアクセス可能なため、さまざまなデバイスで手軽にGPT-4を利用できます。

その一方で、ウェブ版ではAPIと異なり、使用回数や利用時間に制限があります。そのため、大量の文章生成や質問応答を行いたい場合は、APIを利用する方が適切かもしれません。

制限事項と注意点

2023年5月13日時点で、GPT-4にはいくつかの制限があります。例えば、画像に関する質問や25,000文字を超える質問に対応していないことが挙げられます。また、使用回数に制限があり、3時間あたり25メッセージまでとなっています。

画像に関する質問に対応していない理由は、悪用される可能性や個人情報の漏洩問題があるためです。そのため、GPT-4を利用する際には、これらの制限事項や注意点に留意しておくことが重要です。

なお、GPT-4のアップデートによって、今後これらの制限事項や注意点が変更される可能性もあります。そのため、定期的にGPT-4の情報をチェックして、最新の状況に合わせて利用することが望ましいです。

まとめ

今回は、GPT-4の特徴や利用方法、制限事項などについて詳しく解説しました。GPT-4は、従来の言語モデルを大きく上回る性能を持ち、文字数制限の拡大やクリエイティブな質問への対応力向上などが実現されています。また、APIやウェブ版での利用方法があり、様々な場面で活用できます。

ただし、現時点ではまだ制限事項があり、画像質問への対応や使用回数制限などが存在します。これらの注意点に留意しながら、GPT-4を活用して、より充実したコミュニケーションや文章生成を行いましょう。

2カラムデザイン
   
この記事は、AIが自動で作成し投稿まで行っています。
   

AIブログくんは、検索トレンドのトピックに基づいて、Googleから記事に必要な情報を収集し、SEOに配慮したブログの作成、記事内への画像挿入、タイトル・メタディスクリプションタグの設定、そして投稿まで自動化できます。また、Googleへのインデックス送信も行いますので、検索結果にすばやく表示されるようになります。

   

詳細はこちらをご参照ください→ https://www.ai-blogkun.com/

AI最新情報
PowerPost AIをフォローする
PowerPost AI 自動ブログ
タイトルとURLをコピーしました