縦型動画広告の最強活用術!SNS広告の新時代がここにある

social media AI

近年、スマートフォンの普及に伴い、縦型動画広告が注目を集めています。スマートフォンを持つ方々の多くが縦型の動画を視聴する習慣があり、それに合わせた縦型動画広告ならユーザーにストレスなく視聴してもらえます。本ブログでは、縦型動画広告についての基本的な知識から、導入のメリット、おすすめの配信媒体、効果的な作り方、そして成功事例までを幅広くご紹介します。

縦型動画広告とは

mobile advertising

縦型動画広告は、スマートフォン向けの動画広告形式であり、スマートフォンを縦向きにした状態で視聴されることを前提にしています。通常の動画広告ではスマートフォンを横向きにしなければ再生できませんが、縦型動画広告ではスマートフォンの向きを変えずにフルスクリーンで再生することができます。この特徴により、ユーザーは手間をかけずに広告を閲覧することができます。

縦型動画広告は、様々なプラットフォームで利用可能であり、幅広いユーザー層に向けて配信することができます。特に若年層には受け入れられやすく、注目を集めています。また、短い尺の動画が求められており、多くのプラットフォームでは動画の再生時間が制限されています。

縦型動画広告のメリットを以下にまとめます:

  • ユーザーがスマートフォンの向きを変える必要がないため、手軽に広告を閲覧できる。
  • 縦向きでも画面が小さくならないため、映像の視認性が高い。
  • フルスクリーンで再生されるため、没入感があり効果的な広告表現が可能。
  • SNS上でよく配信されるため、ユーザーの目に留まりやすい。

これらの特徴から、縦型動画広告は広告主にとって有益な広告手法となっています。次のセクションでは、縦型動画広告の導入メリットについて詳しく説明します。

縦型動画広告の導入メリット

mobile

縦型動画広告を導入することには、以下のような多くのメリットがあります。

メリット1:動画の表示サイズが大きくなる

縦型動画広告は、スマートフォンで視聴する際の表示サイズが大きくなります。現在、スマートフォンの保有率は90%近くに増えており、多くの人々がスマートフォンを使用して動画広告を視聴しています。縦型動画広告はスマートフォンを横にする必要がないため、ユーザーにとって利便性が高いです。また、大きな画面を使用して商品やサービスの魅力を伝えることができるため、効果的な広告効果が期待できます。

メリット2:SNS配信で有利になる

縦型動画広告は、SNSでの配信において有利です。TikTokやInstagramなどのSNSでは、縦型の動画が一般的です。そのため、ユーザーはスマートフォンを縦に持って動画を視聴する傾向があります。縦型動画広告を使用することで、広告を視聴する際にユーザーが不自然さを感じることなく、よりスムーズに広告メッセージを受け取ることができます。また、SNSの動画広告は一般ユーザーの投稿の間に表示されることが多いです。このような場合、横型の動画だと表示サイズが小さくなり、他の動画に埋もれてしまう可能性が高いですが、縦型動画広告は表示サイズが大きいため、目立つことができます。

メリット3:最後まで視聴してもらえる可能性が高まる

縦型動画広告では、ユーザーが最後まで視聴してくれる可能性が高まります。縦型動画広告の視聴完了率は、横型動画広告と比べて約90%上昇すると言われています。これは、スマートフォンを縦にしたまま動画を視聴することが一般的だからです。スマートフォンを横にする必要がないため、ユーザーに不便さを感じさせることなく、広告が最後まで視聴されることが期待できます。ユーザーのストレスを軽減し、広告メッセージをしっかりと伝えることで、より良い効果が期待できます。

縦型動画広告の導入により、広告の表示サイズが大きくなり、SNSでの配信が有利になり、視聴完了率を高めることができます。ただし、効果を最大限に引き出すためには、適切な配信媒体や作成方法も重要です。次のセクションでは、成功する縦型動画広告の作り方について詳しく解説します。

おすすめの配信媒体

social media

縦型動画広告を効果的に配信するためには、以下のおすすめの媒体を活用することが大切です。

1. Instagram

Instagramは、縦型の動画広告を配信できる代表的なサービスです。特に「ストーリーズ」は注目されている広告掲載面であり、利用者のほとんどが活用しています。また、「リールズ」機能では、縦型のフルスクリーン動画広告の配信が可能です。Instagramの利用者は広告に慣れているため、自然な形で訴求することができます。

2. Twitter

Twitterでは、コンテンツの間に縦型動画広告を挿入することができます。ユーザーはタイムラインをスクロールしてコンテンツを見ていく傾向があるため、動画広告で目を引くことができれば高い視聴完了率を期待できます。Twitterを利用するユーザーに向けて訴求したい場合には、縦型動画広告を検討しましょう。

3. YouTube

YouTubeは世界中で広く利用されている動画プラットフォームです。縦型の広告掲載が可能であり、コンテンツに合わせて表示が最適化されるため、運用がしやすい特徴があります。さらに、YouTubeショートの登場により縦型動画広告の幅が広がっています。YouTubeを活用することで、多くの視聴者に縦型動画広告を届けることができます。

4. TikTok

TikTokは、主に短いショート動画を配信するサービスです。スマートフォンユーザーをターゲットにしており、縦型動画のコンテンツが主流となっています。TikTokでは独自のターゲティング機能を活用して、広告を表示するユーザーを絞り込むことができます。また、公式サイトでは広告の活用方法がまとめられており、初めての方でも運用がしやすいです。

5. Facebook

Facebookも縦型動画広告の配信におすすめの媒体です。Facebookは他のSNSに比べて年齢層が高めのユーザーをターゲットにできる特徴があります。縦型動画広告は、Facebookのストーリーズ機能を活用して配信することが可能で、一定期間経過後に自動的に削除されるため、短期間での訴求に効果的です。

これらのおすすめの配信媒体を利用して、縦型動画広告を効果的に展開しましょう。各媒体の特徴やターゲット層に応じて最適なプラットフォームを選択することが重要です。

成功する縦型動画広告の作り方

video

縦型動画広告を作成する際には、以下のポイントを押さえることが重要です。

視聴者の注意を引く冒頭

縦型動画広告では、冒頭の数秒で視聴者の注意を引くことが不可欠です。スマートフォン上で他の動画と競合しているため、視聴者の関心を惹く必要があります。衝撃的な映像や意外性のある内容を冒頭に盛り込むことで、視聴者に「続きが気になる」と思わせるような動画を作成しましょう。

短い尺で効果的な動画制作

縦型動画広告では、尺を短くすることが効果的です。配信プラットフォームによっては、動画時間の上限が設定されていることもありますので、それに合わせた尺にすることが重要です。特に若年層のユーザーは、長時間の動画を見ることに抵抗感があるため、伝えたいメッセージを絞り込み、1分程度にまとめることをおすすめします。

魅力をミュート状態でも伝える

縦型動画広告は、通勤や通学中などの公共の場で視聴されることが多いため、ミュート状態でも魅力が伝わるようにすることが重要です。音声に頼らず、映像やテキストでメッセージを伝える工夫が求められます。例えば、テロップを使用してメッセージを表示することや、映像だけでストーリーを表現することが効果的です。

プロフェッショナルな制作力の活用

動画制作には、企画から撮影、編集まで多くのプロセスが含まれており、専門知識とスキルが要求されます。制作に自信がない場合は、プロの制作会社やクリエイターに依頼することをおすすめします。制作実績の豊富な専門家の力を借りることで、より効果的な縦型動画広告を作成することができます。

以上のポイントを押さえながら、縦型動画広告の制作に取り組みましょう。視聴者の注意を引き、尺を短くしても魅力を伝えることができれば、成功する縦型動画広告を制作することができます。

成功事例

fashion

以下に、様々な企業やブランドが縦型動画広告を活用して成功を収めた事例を紹介します。

H&M

  • H&Mは人気のあるファッションブランドであり、彼らはSNSキャンペーン広告として縦型動画を使用しました。
  • H&Mは、グランピング施設のイメージと自社の世界観を組み合わせた広告を制作し、ユーザーに臨場感を味わわせることに成功しました。
  • 広告には「SNS映え」する写真も含まれており、ユーザーは広告をシェアすることができます。

ミュゼホワイトニング

  • ミュゼホワイトニングは人気のある脱毛サロンブランドであり、彼らは縦型動画を使用してブランドの認知度向上を図りました。
  • 短い時間でミュゼホワイトニングの魅力を伝えることができ、高い評価を得ました。

Hyundai

  • Hyundaiは自動車メーカーであり、彼らは新型SUVモデルの紹介に縦型動画広告と横向きの動画アセットを組み合わせて使用しました。
  • この広告の効果として、ブランド認知度が33%上昇し、約12%の比較検討上昇を達成しました。

これらの成功事例から分かるように、縦型動画広告は様々な業界やブランドで効果的に活用されています。縦型動画広告の特徴である臨場感やシェア可能性を活かした広告制作が成功の鍵です。

まとめ

縦型動画広告は、スマートフォンユーザーに効果的にリーチできる注目の広告手法です。ユーザーに違和感なく動画を視聴してもらえ、SNSでの拡散も期待できます。また、短尺で魅力的な動画を制作することで、最後まで視聴されるチャンスも高まります。成功事例を見ても、様々な業界のブランドが縦型動画広告を活用して大きな効果を得ていることがわかります。広告主は、配信媒体の特徴や効果的な制作ポイントを押さえて、自社にとって最適な縦型動画広告戦略を立ててみましょう。

2カラムデザイン
   
この記事は、AIが自動で作成し投稿まで行っています。
   

AIブログくんは、検索トレンドのトピックに基づいて、Googleから記事に必要な情報を収集し、SEOに配慮したブログの作成、記事内への画像挿入、タイトル・メタディスクリプションタグの設定、そして投稿まで自動化できます。また、Googleへのインデックス送信も行いますので、検索結果にすばやく表示されるようになります。

   

詳細はこちらをご参照ください→ https://www.ai-blogkun.com/

AI
PowerPost AIをフォローする
PowerPost AI 自動ブログ
タイトルとURLをコピーしました