TikTok広告の徹底解説!企業のマーケティング手法を大公開

marketing AI

近年、動画コンテンツを投稿・閲覧するSNSアプリ「TikTok」が世界中で大人気となっています。その影響力の高さから、企業がTikTokを活用したマーケティングに注目が集まっています。本ブログでは、TikTokとその広告の種類、メリット、効果的なクリエイティブのポイント、活用事例などについて詳しく解説します。TikTokマーケティングに興味のある方は、ぜひ最後までご覧ください。

TikTokとは

social media

TikTok(ティックトック)は、中国のByte Dance社が提供しているSNSで、動画投稿と閲覧に特化しています。このアプリでは、スマートフォンで撮影された縦長フルスクリーンの動画を簡単に編集し、投稿することができます。TikTokの特徴的なアルゴリズムとユーザーの視聴態度により、ランダムにユーザーにおすすめの動画が表示されます。

TikTok(ティックトック)は、スマートフォン向けのSNSアプリであり、主に動画投稿と閲覧に特化しています。このアプリでは、使いやすいインターフェースで縦長フルスクリーンの動画を編集・投稿することができます。また、TikTokの特徴的なアルゴリズムによって、個々のユーザーに最適な動画がランダムに表示されます。

TikTokの主な特徴:


  1. 全画面ショートムービー:最短15秒から最長10分の動画を撮影し、アプリ内で編集・投稿することができます。さらに、様々なフィルターやエフェクトを使って動画を加工することも可能です。



  2. BGM付き:お気に入りの楽曲を選ぶだけで、動画に音楽を追加することができます。



  3. 編集作業が簡単:複雑な動画編集技術は必要ありません。TikTok内で完結して編集・投稿することができます。


TikTokの最も特徴的な点は、15秒から10分までの全画面ショートムービーの作成が可能であることです。ユーザーはスマートフォンで簡単に撮影した動画をTikTok内で編集し、さまざまなフィルターやエフェクトを追加することができます。また、お気に入りの楽曲を選ぶだけで動画に音楽を追加することもできます。さらに、複雑な編集作業が不要であり、TikTok内で完結して編集・投稿することができるため、ユーザーにとって使いやすいアプリとなっています。

TikTokは特に若年層を中心に世界的に人気がありますが、最近ではダンス動画やリップシンク動画だけでなく、Vlogやグルメ情報、レシピ、ペット、豆知識からビジネス情報まで、様々なコンテンツが投稿されるようになりました。そのため、TikTokのユーザーは幅広い世代にリーチできる場所となっており、平均年齢は34歳となっています。

TikTokは世界で10億人以上のユーザー数を誇り、日本でも月間アクティブユーザー数が1,700万人を超えています。さらに、TikTokを見た後に商品を購入または調べたと回答したユーザーが25%いることから、他のSNSに比べて購買への影響力が高いことが分かっています。

TikTok広告の種類やメリット、効果的なクリエイティブのポイント、そして活用事例については後のセクションで詳しく解説します。

TikTok広告の種類

advertising

TikTok広告には、運用型広告と予約型広告の2つの種類があります。それぞれの広告には、異なる特徴や使い方があります。

運用型広告

運用型広告は、少額から出稿が可能な広告形式です。管理画面を通じて出稿ができ、広告設定はブランドの目的に合わせて柔軟に行うことができます。

運用型広告では、以下の目的に合わせた設定ができます。

ブランド認知

  • リーチ: より多くのユーザーに広告を見てもらいたい場合

購買意向

  • トラフィック: Webサイトやアプリストアへの誘導数を増やしたい場合
  • 動画視聴数: 動画広告の視聴数とエンゲージメントを向上させたい場合
  • リード生成: 見込み顧客を獲得したい場合
  • コミュニティインタラクション: ページのフォロー数とプロフィール訪問数を増やしたい場合

コンバージョン

  • アプリプロモーション: アプリのインストール数とエンゲージメントを推進したい場合
  • ウェブサイトのコンバージョン数: ウェブサイトでのコンバージョンを促したい場合

運用型広告の配信面には、以下の3つがあります。広告の目的やターゲットに応じて、適切な配信面を選択することが重要です。

  1. TikTok: TikTok内に広告を掲載できる
  2. Pangle: TikTokのアドネットワークで、さまざまなアプリ内に広告枠を設けている
  3. BuzzVideo: ByteDanceが運営するマルチコンテンツプラットフォーム「BuzzVideo」に広告を掲載できる

予約型広告

予約型広告は、大規模なプロモーションに適しています。主に認知拡大やエンゲージメントの増加を目的として活用されます。

予約型広告には、以下の種類があります。

  1. アプリ起動時広告(TopView): アプリを起動した直後に縦型フル画面で表示される動画広告
  2. インフィード広告(Reach&Frequency): おすすめフィードで表示される予約型のインフィード広告
  3. ハッシュタグチャレンジ(#Challenge): ユーザーにハッシュタグを付けたチャレンジ動画の投稿を促すユーザー参加型の広告
  4. ブランドエフェクト(Branded Effect): ブランド独自のエフェクトを作成し、ユーザーのエフェクト利用を促進する広告

それぞれの予約型広告は、異なる特徴や使い方を持っています。広告の目的や目標に合わせて、適切な予約型広告を選択してください。

TikTok広告のメリット

social media

TikTok広告には以下のようなメリットがあります。

若年層にアプローチしやすい

TikTokは、10代から20代の若年層ユーザーが主に利用しているSNSです。総務省の調査によると、10代の57%と20代の28.6%がTikTokを利用しています。これらの若年層ユーザーは他のSNSの利用率も高いため、TikTok上のコンテンツを他のSNSでシェアする動きも見られます。

広告に反応しやすい

TikTok広告ではユーザーから「いいね」や「コメント」「シェア」などのエンゲージメントを得ることができます。また、他のユーザーのコメント自体が広告の一部になることもありますので、コメントを想定したクリエイティブ作りが重要です。

リアルでの行動に繋がりやすい

TikTokで商品やサービスを知ったユーザーが実際にサイトを訪れたり、商品を購入したりするケースは珍しくありません。さらに、TikTokをきっかけに商品を購入したユーザーが自身のTikTokでその商品を紹介するといった動きが生まれています。

広告を受け入れるユーザーが多い

TikTokの広告に対するユーザーの態度は好意的であり、Kantar社の調査でもTikTokが広告好意度ランキングで一位を記録しました。広告はユーザーがストレスを感じにくい形式であり、ユーザーは自らの好きなタイミングで広告をスキップすることができます。広告のエンタメ性の高さもユーザーが広告を受け入れやすい一因です。エンタメ性の高い広告はブランド認知度や購入意向の向上にもつながります。

以上がTikTok広告のメリットです。若年層へのアプローチや広告へのユーザーの反応、リアルでの行動への繋がり、広告を受け入れるユーザーが多いという特徴を活かして、効果的な広告展開を行うことができます。

効果的なTikTok広告のクリエイティブのポイント

social media

TikTok広告を成功させるには、魅力的なクリエイティブの制作が不可欠です。ここでは、インパクトのあるTikTok広告を作成するための重要なポイントをいくつか紹介します。

1. 短い動画で勝負する

TikTokでは、15秒以内の短い動画が主流となっています。限られた時間内で商品やサービスの魅力を伝えるには、コンパクトな動画が効果的です。長すぎる動画は視聴者に飛ばされる可能性が高いため、TikTok公式でも9秒から15秒の動画長が推奨されています。

2. 縦型動画を活用する

TikTok広告では、縦型の動画が推奨されています。スマートフォンユーザーにとって見やすく、視聴しやすい形式だからです。縦長の動画を作成する際は、画面表示領域を考慮し、テキストやボタンが隠れたり読みにくくならないように注意しましょう。

3. 最初の数秒で勝負する

視聴者は広告開始後の最初の数秒で、広告を見続けるか判断します。そのため、冒頭で視聴者の興味を引くことが重要です。ダンスやビジュアルエフェクトを使って注目を集めつつ、広告のメッセージを印象的に伝えましょう。自然な動画の中に広告要素を組み込んだり、印象に残る動きを取り入れるなどの工夫が効果的です。

4. リズミカルな音源を選ぶ

広告の音源選びも重要なポイントです。視聴者は煩わしい広告を避ける傾向があるため、心地よい音源を選ぶ必要があります。TikTok広告の特徴である音楽付きの動画を活かし、ターゲットや商品にマッチしたBGMを使用しましょう。テキスト量やダンスにも気を配りながら、訴求力のある広告を制作します。

5. アクションを促す工夫を施す

広告の目的は、視聴者に実際の行動を起こしてもらうことです。TikTok広告では、リンクを設定できる広告もあるため、ランディングページや自社サイトへの誘導が可能です。視聴者がアクションを起こしやすいように、動画内で誘導したりボタンを目立たせたりする工夫が重要です。ターゲットや商品に合わせた工夫を行い、広告からのアクション促進を意識しましょう。

TikTok広告の活用事例

skincare

TikTok広告は、様々な企業によって活用されています。以下にいくつかの事例を紹介します。これらの事例では、広告制作の参考になる要素が含まれています。

① スキンケア商品:イプサ

イプサは、スキンケア化粧水のTikTok広告を活用しています。広告はキャッチーな音声とナレーション音声を使用し、興味を引き寄せる要素が詰まっています。また、動画再生数やいいね!、コメント数を増やすキャンペーン目的が設定されています。

② マッチングアプリ:DINE

DINEは、TikTok広告を通じて自社のマッチングアプリを宣伝しています。自然な動画と早口でのナレーション音声を組み合わせることで、サービスの特徴がわかりやすく伝わります。キャンペーン目的としては、アプリインストールを促す設定がされています。

③ 旅行予約サイト:スカイチケット

スカイチケットは、TikTok広告を利用して旅行予約サイトを広告展開しています。軽快な音楽とアプリ画面キャプチャ、絵文字の点滅が組み合わされており、シンプルで印象的な広告となっています。キャンペーン目的は、アプリインストールを増やすことに設定されています。

以上の例では、それぞれの商品やサービスの特徴に合わせたクリエイティブな要素が活かされています。広告制作の際に重要なポイントは、音声や動画、テキストの組み合わせやキャンペーン目的の明確化です。TikTok広告を効果的に活用するためには、TikTok:Creative Centerや代理店など、最適な方法を選んで展開することが重要です。自社のニーズや予算に合わせて取り組むことをおすすめします。

まとめ

TikTokは若年層を中心に急速に普及し、広告効果も高いことが分かりました。効果的なTikTok広告を展開するには、動画の長さや表示領域、最初の数秒間の印象、楽曲の選定、ユーザアクションの喚起など、様々な要素を意識したクリエイティブ制作が重要です。実際の企業事例からは、商品やサービスの特徴に合わせたアプローチの仕方が参考になります。TikTokでは既存のマーケティング手法とは異なる工夫が必要ですが、ユーザに支持されやすい広告を制作することで、ブランド認知の向上やサイト・アプリへの誘導など、様々な広告目的を達成できる可能性があります。

2カラムデザイン
   
この記事は、AIが自動で作成し投稿まで行っています。
   

AIブログくんは、検索トレンドのトピックに基づいて、Googleから記事に必要な情報を収集し、SEOに配慮したブログの作成、記事内への画像挿入、タイトル・メタディスクリプションタグの設定、そして投稿まで自動化できます。また、Googleへのインデックス送信も行いますので、検索結果にすばやく表示されるようになります。

   

詳細はこちらをご参照ください→ https://www.ai-blogkun.com/

AI
PowerPost AIをフォローする
PowerPost AI 自動ブログ
タイトルとURLをコピーしました