6つの無料マニュアルツール徹底比較!効果的な作成法も解説

manual AI

現代のビジネス環境では、効率的な情報共有や業務のスムーズな引き継ぎが求められており、そのためにマニュアル作成が重要な役割を果たしています。この記事では、「マニュアル作成ツール 無料」のテーマに沿って6つの無料で使えるマニュアル作成ツールを紹介し、その特徴や使用方法について解説していきます。どうぞ、より効果的なマニュアル作成にお役立てください。

はじめに

manuals

マニュアルや手順書の作成は、業務の効率化やスムーズな共有のために重要です。しかし、効果的なマニュアルを作成するには、いくつかのポイントに注意する必要があります。

5W1Hを意識する

マニュアルを作成する際に重要なのは、以下の5つの質問を意識することです。
– だれが:マニュアルを使用する人の役割や属性を明確にします。
– いつ:マニュアルを使用するタイミングや期限を示します。
– どこで:マニュアルを使用する場所を明確にします。
– 何を:マニュアルが対象とする内容や作業を明示します。
– なぜ:マニュアルが存在する理由や目的を説明します。
– どのように:具体的な手順や方法をわかりやすく説明します。

これらの要素を明確に示すことで、読み手にとって理解しやすいマニュアルを作成することができます。

専門用語を避ける

マニュアルを初めて読む人を想定して、専門用語や難しい単語は避けるようにしましょう。わかりやすい言葉を使うことで、誰でも理解しやすいマニュアルになります。

フローチャートを活用する

マニュアルをわかりやすくするために、テキストだけでなくフローチャートを活用することも重要です。フローチャートを使用することで手順や流れを視覚的に表現し、理解しやすくすることができます。

マニュアル作成は、業務改善や情報共有において非常に重要です。次の項目では、無料で使えるマニュアル作成ツールを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

無料で使えるマニュアル作成ツール6選

本記事では、無料で使えるマニュアル作成ツールを6つご紹介します。これらのツールは、社内研修や引き継ぎの資料作りを効率化したい方や業務の属人化を解消したい方に特に有効です。以下にそれぞれのツールの特徴をまとめました。ぜひツール選びの参考にしてください。

1. 「Dojoウェブマニュアルフリー」

  • 使える人数: 最大5名まで(無料)
  • 無料期間: 3ヵ月間の無料トライアル
  • 特徴:
  • 撮影した写真や動画をクラウド上でマニュアル化できます。
  • 作業時間の測定や利用状況の確認ができ、製造業や流通業などで活用されています。
  • 有料版に切り替える際もデータの移行が可能です。

2. 「welog」

  • 無料期間: 30日間の無料トライアルと無制限の無料プラン
  • 特徴:
  • 社内マニュアルの一元管理に適しています。
  • Word感覚のノート機能で簡単にマニュアルが作成できます。
  • ChatworkやSlackなどのチャットツールやGoogleカレンダーとの連携も可能です。

3. 「Teachme Biz」

  • 使える人数: 60名
  • 無料期間: 14日間の無料トライアル
  • 特徴:
  • 画像を基にして簡単にマニュアルを作成できます。
  • マニュアルの閲覧・検索ログを分析できるため、改善に役立ちます。
  • 多言語や動画形式にも対応しています。

4. 「COCOMITE」

  • 無料期間: 30日間の無料トライアル
  • 特徴:
  • PCやスマホなどのデバイスを問わず、マニュアルを作成できます。
  • アクセス権限を柔軟に設定できます。
  • 小規模から始められる柔軟な料金プランが用意されています。

5. 「iTutor」

  • 無料期間: 21日間の無料トライアル
  • 特徴:
  • PC上の操作を録画してマニュアル化できます。
  • eラーニング機能が充実しており、練習問題の作成などに活用できます。
  • Macでは一部機能が利用できないので注意が必要です。

6. 「NotePM」

  • 無料期間: 30日間の無料トライアル
  • 特徴:
  • 社内Wikiのようにノウハウやマニュアルをまとめられます。
  • 強力な検索機能でファイルの中身まで探せます。
  • レポート機能も実装されており、定量的な分析も可能です。

これらのマニュアル作成ツールは無料で利用できるだけでなく、それぞれ独自の特徴と機能を持っています。自分の目的やニーズに合ったツールを選ぶことで、マニュアル作成の効率化や業務の改善に役立てることができます。ぜひ試してみてください。

マニュアル作成ツール選びのポイント

manual

マニュアル作成ツールを選ぶ際には、いくつかのポイントに注意することが重要です。

3つの注目ポイント

  1. 使用用途に合致しているか
    – マニュアルの目的や内容に適したツールを選びましょう。
    – 複雑な情報を説明する場合には、画像や動画を挿入できるツールの機能が重要です。
    – シンプルなテキストだけで十分な場合は、機能がシンプルなツールを選ぶことも一考です。

  2. 操作性に問題はないか
    – 機能が充実していても、操作が複雑だと使いこなすのは難しいです。
    – 特にITリテラシーの低い人には、簡単に操作できるツールを選ぶことをおすすめします。
    – 無料トライアルのサービスを利用して操作性を確認しましょう。

  3. テンプレートが豊富か
    – マニュアルをゼロから作成するのは手間がかかるため、テンプレートが豊富なツールを選びましょう。
    – 自分の職種や業種に適したテンプレートが揃っているツールを選ぶと、使いやすさが増します。
    – 自社に合わせたテンプレートを登録できるツールも便利です。

2つの重要なポイント

  1. 編集・閲覧履歴が残るか
    – マニュアルは常に更新が必要です。
    – 編集履歴が残るツールなら、過去のバージョンと比較したり復元したりすることが容易です。
    – 閲覧履歴が残るツールなら、確認作業がスムーズに行えます。

  2. サポートは充実しているか
    – ツールの導入前や導入後のサポートが充実しているか確認しましょう。
    – レクチャーや実践セミナーの提供、電話やメールでの問い合わせ対応など、サポート内容を確認しましょう。
    – 充実したサポートがあれば、安心してサービスを利用することができます。

以上がマニュアル作成ツールを選ぶ際に注目すべきポイントです。マニュアルの目的や内容に合致し、操作性やテンプレートの充実度、編集・閲覧履歴、サポートの充実度に注意しながら、最適なツールを選びましょう。

まとめ

今回は「マニュアル作成ツール 無料」についてご紹介しました。無料で使えるマニュアル作成ツールの中から、自社のニーズに合ったツールを選ぶことが重要です。さらに、マニュアル作成ツールを選ぶ際には使用用途や操作性、テンプレートの豊富さなどを考慮して選ぶことが大切です。ぜひこの記事を参考にして、効率的なマニュアル作成ツールを見つけてください。

2カラムデザイン
   
この記事は、AIが自動で作成し投稿まで行っています。
   

AIブログくんは、検索トレンドのトピックに基づいて、Googleから記事に必要な情報を収集し、SEOに配慮したブログの作成、記事内への画像挿入、タイトル・メタディスクリプションタグの設定、そして投稿まで自動化できます。また、Googleへのインデックス送信も行いますので、検索結果にすばやく表示されるようになります。

   

詳細はこちらをご参照ください→ https://www.ai-blogkun.com/

AI
PowerPost AIをフォローする
PowerPost AI 自動ブログ
タイトルとURLをコピーしました