画像生成が驚くほど簡単!Bing Image CreatorでAIが創造力を発揮

AI AI

最近、AI技術がますます進化している中、Bing Image Creatorという便利なツールが注目を集めています。Bing Image Creatorは、Microsoft社が開発した画像生成AIの一つで、DALL・Eと呼ばれる有名なAI画像生成モデルをベースにしています。このツールを使うことで、簡単にオリジナルの画像を生成することができます。しかも、Microsoftアカウントを作成するだけで利用することができ、特に商用目的でなければ無料で利用することができます。ただし、生成した画像には商用利用はできない制約がありますので、注意が必要です。Bing Image Creatorは使い方もシンプルで、公式サイトにアクセスしてMicrosoftアカウントでログインし、プロンプトを入力するだけで画像を生成することができます。さまざまなスタイルの画像を生成することができるため、自分のイメージにぴったりの画像を作成することができるかもしれません。ぜひ、Bing Image Creatorを試してみてください。

Bing Image Creatorとは?

AI-generated images

Bing Image Creatorは、Microsoft社が開発した画像生成AIの一つです。このツールは、有名なAI画像生成モデルであるDALL・Eをベースにしており、Bingを通じて利用することができます。DALL・EはOpenAIによって開発され、ChatGPTなど他の人気のあるAIツールも提供されています。

Bing Image Creatorは、DALL・E2の無料版を利用することができます。DALL・EベースのAI画像生成ツールは他にはあまりないため、他のツールとは少し異なった画像を生成することができるかもしれません。

このツールを利用する際には、Microsoftアカウントが必要ですが、登録は簡単で無料です。ただし、商用利用には制約がありますので注意が必要です。生成した画像は基本的には商用利用できませんが、SNSに投稿したり友達と共有するなどの非商業的な利用は可能です。

Bing Image Creatorは利用方法も簡単で、公式サイトにアクセスしてMicrosoftアカウントでログインし、プロンプトを入力して画像を生成するだけです。プロンプトは自分で入力することもできますが、「お任せで探す」機能を使ってランダムに画像を生成することもできます。

画像生成AIを使う際の補助機能も充実しており、初心者の方にもおすすめです。

Bing Image Creatorの利用は現在無料であり、Microsoft Rewardsポイントを使うことでBoostモードを利用することもできます。Boostモードを使わなくても、通常モードでも20~30秒程度で画像を生成することができました。

また、Bing Image CreatorはDALL・EベースのAIであるため、幅広いスタイルの画像を生成することができます。ただし、超リアル系の写真風のスタイルの人物画像には少し難があるかもしれません。DALL・Eはユーザーの命令に忠実であり、適切な単語を選ぶことで様々なスタイルの画像を生成できるようです。

Bing Image Creatorの使い方

sky

Bing Image Creatorの使い方について詳しく紹介します。

Bing Image Creatorの使い方は、現在2つあります。まずは1つ目の方法、「専用WEBページから使う方法」です。

  1. 専用ページにアクセスします。

  2. Microsoft Rewardsにサインインします。

  3. 生成したい画像の説明やアートスタイルを入力します。

  4. 生成ボタンをクリックします。

  5. すると、4枚の画像が表示されます。

  6. 好きな画像を選択して保存したり、共有したりできます。

専用WEBページから使う方法は、使いやすく直感的な操作です。簡単な手順で画像を生成することができます。

次に、2つ目の方法、「新しいBingのチャット機能からAIに依頼する方法」です。

  1. 新しいBingにアクセスします。

  2. Microsoft EdgeブラウザでBingが開いたら、上部の「チャット」タブをクリックします。

  3. 画像生成機能は、チャットの機能の中に組み込まれています。Bing AIに「画像生成を使いたい。」とチャットで伝えましょう。

  4. すると、作りたい画像の内容を聞かれます。例えば、「ネコの画像を出してもらいましょう」と指示することができます。

新しいBingのチャット機能から使う方法は、簡単に画像生成を行うことができますが、一部の環境では正しく画像が表示されない場合もあるようです。

Bing Image Creatorのプロンプトとは

sky

Bing Image Creatorの特徴の一つは、プロンプト(呪文)を使用して画像生成の指示を与えることです。プロンプトは、生成したい画像のイメージや要素を具体的に表現するためのキーワードや文章です。このプロンプトによって、どのような画像が生成されるのかが決まります。

例えば、「アニメ美少女」や「リアルな女性」といった具体的なイメージを持ったプロンプトを入力することで、それにマッチする画像が生成されます。プロンプトは、画像の全体像や視点、表現スタイル、特定の要素などを指定するために使用されます。

Bing Image Creatorでは、様々な要素を組み合わせることで、より具体的で鮮明なプロンプトを作ることができます。例えば、「アニメ美少女」のプロンプトには、「extremely delicate and beautiful girl」や「official art」といった詳細な要素が含まれています。これにより、より具体的なイメージに近い画像が生成される可能性が高まります。

プロンプトの作成には、他の画像やアート作品からインスピレーションを得ることも有効です。海外サイトのプロンプト例を参考にしながら、自分なりのオリジナリティを加えてプロンプトを作成することができます。

また、プロンプトには画像のスタイルや特定のオブジェクトなどを指定することもできます。例えば、「ステンドグラス風」のプロンプトでは、「stained glass window design」や「vector flowers」といった要素が含まれています。これにより、ステンドグラスのような美しい画像が生成される可能性が高まります。

プロンプトの使い方や組み合わせによって、生成される画像が大きく変わるため、自分の細かい要望やイメージを的確に表現することが重要です。また、プロンプトによって画像の品質や詳細さも決まるため、細かい部分までこだわりたい場合は適切な要素や表現をプロンプトに含めることが必要です。

Bing Image Creatorのプロンプト機能を使うことで、自分の想像力や要望に合わせた画像を簡単に生成することができます。ビジュアルイメージを具体化したい場合や特定のテーマやスタイルに沿った画像を作成したい場合には、プロンプトを使って効果的に画像生成を行いましょう。

Bing Image Creatorでの画像生成のポイント

images

Bing Image Creatorを使用して画像を生成する際には、いくつかのポイントに注意する必要があります。以下では、Bing Image Creatorでの画像生成のポイントを紹介します。

4-1. 英語のプロンプトを使用する

Bing Image Creatorでは、英語のプロンプトを使用する必要があります。日本語での指示は現時点ではサポートされていませんが、単語を英語で区切り、Google翻訳などを活用することで簡単に作成することができます。また、英語のプロンプトは画像生成においてもっとも効果的な結果を得るための方法です。

4-2. 説明文を具体的に記述する

画像生成の際には、具体的な説明文を記述することが重要です。例えば、カワイイ女の子の画像を生成したい場合、”kawaii girl”という単語だけでなく、その女の子の特徴や背景などを具体的に記述することで、より理想の画像を生成することができます。具体的な要素を含めることで、より細かな指示をAIに与えることができます。

4-3. エラーメッセージに対応する

Bing Image Creatorを使用する際には、エラーメッセージにも注意が必要です。一部の日本語の指示は現時点ではサポートされていないため、エラーメッセージが表示されることがあります。この場合は、再度英語で指示を行うか、Google翻訳などを使用して指示を英語に変換してみましょう。エラーメッセージに対応することで、円滑な画像生成が行えます。

4-4. Bing Image Creatorの特徴を活用する

Bing Image Creatorは、DallEベースのAIを使用しており、幅広いスタイルの画像生成が可能です。特にDallEの特徴である細かなディテールや印象的な背景を作成することが得意です。これを活用することで、一風変わったスタイリッシュな画像や美しい風景画などを生成することができます。自分の好みやニーズに合わせて、Bing Image Creatorの特徴を活かしましょう。

以上が、Bing Image Creatorでの画像生成のポイントです。英語のプロンプトを使用し、具体的な説明文を記述することで、AIによる理想の画像を生成することができます。エラーメッセージに対応し、Bing Image Creatorの特徴を活かすことで、より満足度の高い画像を作成することができます。

Bing Image Creatorの利用規約と著作権について

AI

Bing Image Creatorは、画像生成AIを使って簡単に画像を作成することができる便利なツールです。しかし、利用する際には利用規約と著作権に注意する必要があります。

利用規約によると、Bing Image Creatorで生成された画像は基本的に商用利用できません。「個人の合法的な非商業的目的のために作成物を使用できます」という記載があります。つまり、個人的な目的や非商業的な目的で使用する分には問題ありませんが、商用利用は避けるべきです。

さらに、生成された画像にはBing Image Creatorで生成されたことを示すロゴが付いています。このロゴは削除することはできませんので、注意が必要です。

また、著作権についても注意が必要です。利用規約によると、ユーザーが提供、投稿、入力、送信したコンテンツの所有権は主張されないとされています。つまり、Bing Image Creatorを利用して作成した画像の所有権は一切主張できません。これは他のユーザーが作成した画像を利用する場合も同様です。

したがって、Bing Image Creatorを利用する際には自分が著作権を所有している画像やテキストを使用するか、商用利用や他のユーザーの作成物を使用しないように注意しましょう。

以上がBing Image Creatorの利用規約と著作権についての注意点です。私たちは便利なツールを利用する際には常に法律や倫理に気を付ける必要があります。適切な利用方法を守りながら、Bing Image Creatorを活用しましょう。

まとめ

Bing Image Creatorは、Microsoftが開発した画像生成AIツールです。このツールを使うことで、簡単にオリジナルの画像を生成することができます。ただし、商用利用はできない制約があるため、注意が必要です。利用方法も簡単で、公式サイトにアクセスしてMicrosoftアカウントでログインし、プロンプトを入力するだけで画像を生成することができます。プロンプトの作成には英語が必要ですので、注意が必要です。また、生成した画像にはBing Image Creatorで生成されたことを示すロゴが付きますので、商用利用する場合は注意が必要です。利用規約や著作権にも気を付けながら、Bing Image Creatorを楽しんでみてください。

2カラムデザイン
   
この記事は、AIが自動で作成し投稿まで行っています。
   

AIブログくんは、検索トレンドのトピックに基づいて、Googleから記事に必要な情報を収集し、SEOに配慮したブログの作成、記事内への画像挿入、タイトル・メタディスクリプションタグの設定、そして投稿まで自動化できます。また、Googleへのインデックス送信も行いますので、検索結果にすばやく表示されるようになります。

   

詳細はこちらをご参照ください→ https://www.ai-blogkun.com/

AI
PowerPost AIをフォローする
PowerPost AI 自動ブログ
タイトルとURLをコピーしました