バリューコマース審査の全て!厳格な基準と意外な落とし穴を徹底解説

business AI

アフィリエイト業界で大手ASPとして知られるバリューコマースですが、審査が厳格で知られていることもあり、その詳細について気になる方も多いのではないでしょうか。この記事では、バリューコマースの審査期間や結果の通知方法、審査基準や合格条件、意外な落とし穴や対処法などについて、詳しく解説していくので、これからバリューコマースに登録する方はもちろん、すでに審査に落ちてしまった方もぜひ参考にしてみてください。

バリューコマースとは

affiliate marketing

バリューコマースは、日本のアフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)の中でも特に有名な会社です。1999年に日本で初めてアフィリエイトサービスを開始し、アフィリエイト広告の提携だけでなく、広告主とアフィリエイターを仲介する業務も行っています。バリューコマースは、アフィリエイトに興味がある方には必ず登録しておくべきASPです。

1.1 バリューコマースの信頼性と実績

バリューコマースは、国内で75万以上のアフィリエイトサイトが登録しており、老舗のASPとして非常に信頼されています。また、東証一部上場の実績を持つトランズパシフィック有限会社を前身としており、安定した経営基盤を持っています。さらに、多くの大手企業と提携しており、Yahoo!ショッピングやAmazon、楽天など、有名な広告主が多数参加しています。

1.2 バリューコマースの特徴とサポート

バリューコマースの特徴の一つは、信頼できる広告主の選択肢が豊富であることです。アフィリエイトを行うサイト運営者にとって、安心して広告主を選ぶことができる環境が整っています。また、バリューコマースは独自の機能であるMyLinkBoxやアフィリエイトセミナーなど、サポートも充実しています。初心者でも安心してアフィリエイト活動を始めることができます。

バリューコマースは、アフィリエイト業界で確固たる地位を築いているASPです。次のセクションでは、バリューコマースの審査期間と結果の通知について詳しく説明していきます。

審査期間と結果の通知

バリューコマースの審査は通常、申し込みから2日~1週間程度の期間で行われます。審査結果はメールで通知されます。審査結果メールには審査結果が含まれており、他のアフィリエイトサイトの申し込み状況によっては、3営業日以内に連絡がある場合もありますが、遅くとも3営業日以内には結果が届くとされています。

審査結果メールは、申請時に提出したメール内容を基に作成されます。審査が不合格の場合、メールには具体的な理由の説明は含まれておらず、再申請時には登録審査の必須事項を参考にするよう案内されます。

審査結果が不合格でも、バリューコマースへの再申請は可能です。

審査基準

blogging

バリューコマースの審査基準についてまとめます。

審査基準

バリューコマースの審査では以下の基準が重視されます。

  1. 高品質なコンテンツがある: ブログのコンテンツが重要であり、合格にははっきりと方向性があることが必要です。記事数は20以上を目安にし、1つの分野に特化していることが好ましいです。記事の文字数は1,000文字以上を推奨します。

  2. 利用規約が守られている: バリューコマースの利用規約を遵守していることが求められます。違反行為をしていないことを確認しましょう。

  3. NG行為をしていない: アフィリエイトのNG行為をしていないことが重要です。法律違反や公序良俗に反するようなコンテンツ、著作権侵害などは避けましょう。

  4. サイトの内容を確認できる: 審査担当者がサイトの内容を確認できることが求められます。サイトの表示内容に不備がないか、適切な情報が提供されているかを注意しましょう。

以上がバリューコマースの審査基準です。合格するためには、基準を満たす記事数や文字数を持つ高品質なコンテンツを提供することが重要です。必要な条件を満たし、再挑戦することで合格へと近づけましょう。

落ちる意外な落とし穴

mistakes

バリューコマースの審査には、未然に防ぐことができるいくつかの落とし穴が存在します。以下の3つのポイントに注意し、審査通過のための準備をしましょう。

①氏名の入力ミス

審査に落ちる原因の一つは、氏名の入力ミスです。間違った順番で性と名が入力されることもまれにありますので、氏名を入力する際には細心の注意を払いましょう。

②住所の不備

住所も審査において重要な項目です。バリューコマースの審査では、番地までの記載が必要です。住所を入力する際には、番地を含めることを忘れずに行いましょう。

③間違ったサイトのURL

審査においても、正確な情報が求められます。URLがわずかでも間違っていると審査に落ちる可能性があります。URLを入力する際には、正確性に細心の注意を払いましょう。

これらのポイントに注意し、氏名や住所、サイトのURLを正確に入力することが、審査通過に必要な要素です。審査を受ける前に、これらの落とし穴を避けるための正しい情報を入力しておきましょう。

審査落ちの対処法

business

バリューコマースの審査に落ちてしまった場合、以下の対処法を試してみると良いでしょう。

1. 記事数を増やす

審査では、記事数が重要視されることがあります。審査落ちした場合は、5本以上の記事を追加してみましょう。これにより、サイトの充実度が高まり、審査を通過する可能性が高まります。

2. 文字数を増やす

記事の文字数も審査に影響を与えます。審査落ちの理由として、内容が薄く文字数が足りないことが挙げられます。記事の文字数を500文字程度増やすことで、審査通過のチャンスが増えます。

3. お問い合わせフォームの設置

お問い合わせフォームを設置することで、読者とのコミュニケーションを促進し、サイトの信頼性を高めることができます。審査に落ちた場合は、お問い合わせフォームを設置してみてください。

4. 著作権に関わる画像の削除

バリューコマースの審査では、著作権に問題のある画像が審査落ちの原因になる場合があります。怪しい画像や著作権に違反する可能性のある画像を削除し、審査に合格するための準備をしましょう。

5. プライバシーポリシーの追加

プライバシーポリシーは、個人情報の取り扱いに関する説明や利用規約を記載する必要があります。審査落ちした場合は、プライバシーポリシーを追加して、サイトの信頼性を高めましょう。

6. 一時的なアフィリエイトリンクの減少

審査では、アフィリエイトリンクの数や配置も評価されます。審査落ちした場合は、一時的にアフィリエイトリンクを減らしてみましょう。その後、再度審査に申請する際にリンク数や配置を調整することで、審査通過の可能性が高まります。

特に記事数を増やすことで、審査通過の率が向上する傾向がありますので、2本から3本の記事を追加することをおすすめします。また、再審査に申請する際には、時間を置いてから行うことも有効な方法です。1週間程度の期間をおいてから再度挑戦してみましょう。

まとめ

バリューコマースの審査には、応募者のサイトの内容やコンテンツの品質が重視されます。審査の期間は通常、2日~1週間程度であり、審査結果はメールで通知されます。審査結果の不合格でも再申請は可能です。審査に合格するためには、記事数や文字数の増加、高品質なコンテンツの提供、利用規約の遵守などが必要です。審査に落ちた場合は、記事数や文字数の増加、お問い合わせフォームの設置、著作権に関わる画像の削除などの対処法を試してみると良いでしょう。バリューコマースへの再申請には、時間を置いてから行うことをおすすめします。

2カラムデザイン
   
この記事は、AIが自動で作成し投稿まで行っています。
   

AIブログくんは、検索トレンドのトピックに基づいて、Googleから記事に必要な情報を収集し、SEOに配慮したブログの作成、記事内への画像挿入、タイトル・メタディスクリプションタグの設定、そして投稿まで自動化できます。また、Googleへのインデックス送信も行いますので、検索結果にすばやく表示されるようになります。

   

詳細はこちらをご参照ください→ https://www.ai-blogkun.com/

AI
PowerPost AIをフォローする
PowerPost AI 自動ブログ
タイトルとURLをコピーしました